【期間限定】初回入金ボーナスキャンペーン実施中!!

>詳しくはこちら<

【188bet】オマハ(SIT&GO)の遊び方

シットアンドゴー(SIT & GO)は決められた人数のプレイヤーが集まり次第ゲームがスタートするトーナメントの簡易版です。

 

SNGには1対1で戦うヘッズアップ、1つのテーブルで行うシングルテーブルトーナメント(STT)、複数のテーブルで行うマルチテーブルトーナメント(MTT)があります。

 

188betのSIT & GO(SNG)でプレイされているのはほとんどがNLHD(ノーリミットホールデム) です。オマハのSNGは残念ながらなかなかプレイヤーが集まりません。しかし、ほとんどのポーカープロはオマハのSNGをターゲットとしていないので、プレイヤーが集まった時は、不慣れなプレイヤーが多く勝ちやすいです。 

 

ブラインドの上がり方のスピードに応じて、スーパーターボ、ターボ、レギュラーの3種類があります。6人のスーパーターボの場合、10分程度で試合は終わってしまいます。

 

 

ポーカーのタブをクリックし、パソコンにインストールするか、またはご使用のブラウザでプレイするために「今すぐプレイ」をクリックします。

 

 

188betライブカジノのポーカーには、ホールデム、オマハ等があります。オマハを選択すると、キャッシュゲーム、シットアンドゴー、トーナメントの中から好きなゲームを選べます。

 

188betのポーカーはプレイヤーレベルが他のポーカーサイトと比べてとても低いです。低いレートは基本的な戦略を学び、経験を積めばコンスタントに勝ち続けることができます。

 

 

なぜSNGをプレイするのか?

SNGのスキルを高めることは、トーナメントをプレイする時に大いに役立ちます。トーナメントでファイナルテーブルに残ったとき、6位と1位では賞金額に大きな差があるため、SNGで経験を積むことは必要不可欠です。

 

トーナメントプレイヤーはファイナルテーブルまでたどり着ける機会が少ないためあまりファイナルテーブルに慣れていません。SNGのスキルを高めることは優勝する可能性を高めてくれます。

 

SNG とキャッシュゲームの違い

SNG の場合、ブラインドレベルが一定時間ごとに上がっていくのに対して、キュッシュゲームではブラインドレベルは常に一定です。

 

これはゲーム戦略上、大きな違いを生みます。キャッシュゲームでは常にディープスタック(ビッグブラインドに対して手持ちのスタックが多い状態)でプレイするのが普通です。しかしSNG では、最初はディープスタックやミドルスタックですが、終盤はショートスタック(ビッグブラインドに対して手持ちのスタックが少ない状態、例えば20BBしかチップを持っていない)でプレイしなければならないからです。

 

またキャッシュゲームの場合は手持ちのスタックが全部なくなってもすぐに補充できますが、SNG の場合、基本的には手持ちのスタックがなくなってしまったら、そこでゲーム終了です。

 

SNGのチップの価値とキュッシュゲームのチップの価値

ここでは、6人のテーブルで考えてみましょう。キャッシュゲームで2人のプレイヤーが $10 持っていて、プリフロップでオールインしたとします。勝ったプレイヤーは$20 獲得します(レーキは考えません)。このようにダブルアップすれば得られるお金も2倍になります。

 

今度は 参加料$10 の6人SNGを考えてみましょう。最初のハンドで2人がチップの全て1500をオールインします。負けたプレイヤーはゲーム終了で、勝ったプレイヤーはチップが3000(アンティを考えません)になったとします。勝ったプレイヤーのチップは2倍になりましたが、獲得できる期待賞金は2倍になりません。

 

ソフトウェアを使って計算してみると、獲得期待賞金 1.86倍にしかなりません。残りの期待獲得賞金はオールインに参加しなかったプレイヤーに分配されます。6人のSNG が5人に減ったことで、賞金がもらえる2名に入れる可能性が高まったからです。

 

1位のプレイヤーは全チップ料を獲得したのに全賞金をもらえないことから考えて、SNG ではチップを獲得しようとリスクを冒す価値ほど、そのチップの金銭的な価値はありません。つまりキャッシュゲームと比べると、利益的にコールするためにはSNG ではよりエクイティが必要になります。

 

SNG は キャッシュゲームと違い、自分のチップを増やすことは自分のチップを減らすことより価値がありません(ヘッズアップ以外)。これは1位になって全部のチップを獲得してももらえる賞金は全参加料ではないことが原因で起こります。

 

1テーブルのSNG を序盤、中盤、終盤と見ていきましょう。6人のプレイヤーのうち賞金を獲得できるのは2人です。最初のスタックは2000でビックブラインドが20です。

 

序盤 (10/20, 15/30)

 

序盤はタイトにプレイするのがいいでしょう。まずは2位になることを目指し、賞金が確定したら優勝を目指すのがいい戦略だと思います。キャッシュゲームの場合よりタイトにプレイします。

 

6位でも3位でも通常の賞金がもらえないのは同じですが、序盤からルーズにプレイするのはよくありません。他のプレイヤーをよく観察し慎重にプレイします。
ブラインドスティールも控えめにして良いカードが来るのを待ちます。下手なプレイヤーがルーズにプレイして人数が減るのを期待します。

 

この段階で、ゲーム終了にならないようフロップ以降も細心の注意を払います。
ポットに自発的に参加するのは、ダブルスーテッドのランダウン(9(ハート)T(クラブ)J(クラブ)Q(ハート))やプレミアムペア(KKTJ)が来たときで、レイズします。
スーテッドの9TJ9 はまあまあのハンドだと思います。ビックブラインドですが、リンプしたプレイヤーがフィッシュ(非常に下手なプレーヤー)なので、レイズすることにしました。

 

 

自分が勝っていると思うので、ポットをいかに大きくすることだけを考えます。コンティニュエーションベットをすると、相手がレイズしてくれたので、オールインします。

 

 

中盤 (25/50,40/80)

 

中盤では、スターティングハンドを序盤に比べて少し広げます。ブラインドスティールを増やしチップが減らないように努めます。序盤よりアグレッシブにプレイし、機会があればダブルアップを狙います。
NLHDと違い、ポットリミットオマハでは、スターティングハンドのエクイティの差が小さいため、リースティールしてもほとんどがコールされます。
フロップ後の判断が重要になり、難しい状況を作らないためにも相手を選びルーズに参加しないようにします。

 

終盤 (60/120 〜)

終盤はポストフロップの余地が少なく、NLHDでは、12BB以下では、オールインをするのが一般的です。しかし、ポットリミットオマハではベット額がポットサイズに制限されているので、オールインすることが制限されます。基本的にはフォールドエクイティを高めるため、スティールするときは、マックスベットで対応するのが良いです。
今までのプレイから相手の傾向に適したアグレッシブプレイをすることが大切です。

 

 

動画プレイ

 

 

【期間限定】初回入金ボーナスキャンペーン実施中!!

>>$20受け取る<<