【期間限定】初回入金ボーナスキャンペーン実施中!!

>詳しくはこちら<

【188bet】オマハホールデムポーカーの遊び方

 

オマハホールデムポーカーはテキサスホールデムポーカーの次に人気があるプレイヤー間のポーカーゲームで、テキサスホールデムポーカーと共通する部分が多くあります。

 

ホールデムポーカーと同様、ベッティングラウンド(お金を賭けるチャンス)は4回あります。
@プリフロップ(1回目のベッティングラウンド)
Aフロップ(2回目のベッティングラウンド)
Bターン(3回目のベッティングラウンド)
Cリバー(4回目のベッティングラウンド)

 

オマハホールデムポーカーは通常、ポットリミットオマハと呼ばれ、ポットリミットでプレイします。ポットリミットとは、ベットする額がポットの大きさに制限されることを言います。

 

ノーリミットホールデムで最も良いスターティングハンドはAAですが、ポットリミットオマハでのベストスターティングハンドは AAKKAAJTダブルスーテッド(ハート)(ハート)(スペード)(スペード)のように同じスーツが2組ある)です。
最悪のカードはフォーカード(例えばQQQQ)です。またKKK7のようなスリーカードもほとんどプレイできません。4枚のカードのうち2枚しか使えないため、Kが3枚あっても1枚のKは全く役に立たず、4枚ではなく3枚でプレイしているのと同じことになるからです。

 

ノーリミットホールデムでのAAがランダムハンドに対して、85.2%勝つ見込みがあるのに対して、ポットリミットオマハのAA××はランダムハンドに対して、65.5%しか勝つ見込みがありません。

 

これはポットリミットオマハではプリフロップでエクイティ(最終的な勝つ見込みに基づいたポットの取り分)に大きな差がなく、コミュニティカードによってフロップ以降大きくエクイティが変化し、フロップ以降の戦略がより重要になってくることを意味します。

 

 

ポーカーのタブをクリックし、パソコンにインストールするか、またはご使用のブラウザでプレイするために「今すぐプレイ」をクリックします。

 

 

188betライブカジノのポーカーには、ホールデム、オマハ等があります。ホールデムを選択すると、キャッシュゲーム、シットアンドゴー、トーナメントの中から好きなゲームを選べます。
188betのポーカーはプレイヤーのレベルが他のポーカーサイトと比べてとても低いです。低いレートは基本的な戦略を学び、経験を積めばコンスタントに勝ち続けることができます。

 

 

ホールデムポーカーとポットリミットオマハの大きな違いは次の2つです。

  1. ホールデムポーカーでは、プリフロップで配られるカードが2枚であるのに対して、ポットリミットオマハではプリフロップにカードが4枚配られます
  2. ホールデムポーカーでは自分の手持ちのカード2枚とコミュニティカード5枚(全てのプレイヤーが使うことができるテーブル上に置かれたカード)の合計7枚から自由に5枚を選べます。つまり自分の手持ちのカードを1枚のみ使ったりすることがでます。

 

それに対して、ポットリミットオマハでは、手持ちのカード4枚のうち、必ず2枚を使わなければなりません。そしてコミュニティカードから必ず3枚を使い、合わせて5枚でポーカーの役を作ります。

 

 

プリフロップ

 

ハンドに参加するプレイヤーの中で、スモールブラインドとビックブラインドのポジション(プレイヤーがテーブルのどの位置に座っているかの場所です)にいるプレイヤーはブラインド(強制的なチップ)を置きます。各プレイヤーにはカードが4枚配られます。アンダーザガン(ビッグブラインドの隣)のプレイヤーから時計回りにアクションが始まります。手元にある4枚のカードを見て、プレイに参加するかどうかを決めます。

 

代表的なアクションは次の5つです。
@レイズ(誰かが参加した後に掛け金を増加させること)
Aベット(誰も賭けていない状態の時、自分がポットにお金を入れること)
Bチェック(自分のアクションまで誰もベットしていない時、自分もベットせず、次のプレイヤーにアクションを回すこと)
Cコール(誰かがベットしたのと同じ金額を自分もテーブルの上に置くこと)
Dフォールド(自分には勝つ見込みがないと判断しおりること)があります。

 

ホールデムではプリフロップで2枚のカードが配られるため、その組み合わせの数は、52×51÷2=1,326通りあります。これに対して、オマハでは4枚のカードが配られるため、その組み合わせの数が爆発的に増加し、全部で270,725通りあります。そのため、スターティングハンド表(プリフロップでどんなハンドをプレイしたらいいかの表)は作ることは難しく、非常に複雑なゲームになります。

 

AQ83のシングルスーテッド(ここではA(クラブ)3(クラブ)とスーツが一つある)はあまり良いハンドではありません。しかし、スモールブラインドにいて、$0.01でコールできるのとAスーテッドがあるので、コールを選びます。

 

 

フロップ

 

フロップでは、テーブル上に3枚のカードがコミュニティカード(全てのプレイヤーが使うことができるテーブル上に置かれたカード)として、置かれます。自分の手札とコミュニティカードでポーカーの役を作ります。フロップからリバーまでのアクションはスモールブラインドから始まります。
コミュニティカードT95に自分のカードのAQ38は全くヒットしていません。4人ポットなので、誰かがベットしたらすぐにフォールドです。

 

ターン

 

ターンでは、テーブル上にコミュニティカードとしてさらに1枚のカードが配られます。手札4枚のうち2枚とコミュニティカード4枚のうち都合の良い3枚の合計5枚を選んでポーカーの役を作ります。相手のプレイヤーのカードも考えながら最適なアクションをとります。

 

リバー

 

コミュニティカードとしてテーブル上にさらに1枚のカードが配られコミュニティカードは計5枚になります。この5枚の中から3枚のカードと手札の4枚の中から2枚のカードでポーカーの役を作ります。
リバーは最終ベッティングラウンドであり、ベットするか、チェックするか等の最後のアクションを取ります。全てのベッティングラウンドが終わり、残っているプレイヤーが複数いたら、それぞれの手札のカードをオープンします。ポーカーの役の一番強いプレイヤーがポットの金額を獲得できます。役が同じ場合は、ポットの金額を均等に分けます。

 

 

プレイ動画


【期間限定】初回入金ボーナスキャンペーン実施中!!

>>$20受け取る<<