【期間限定】初回入金ボーナスキャンペーン実施中!!

>詳しくはこちら<

トーナメント(ポットリミットオマハ)の遊び方

 

ポーカーのトーナメントで優勝することは、ポーカープレイヤーにとっては、とても楽しくこの上ない喜びです。そして参加人数が多く、バイインが高額な場合は、多額な優勝賞金が用意されています。

 

トーナメントにはさまざまタイプが用意されているので、いろいろプレイいてみて、自分に合ったゲームを見つけてみるのがいいと思います。
トーナメントではスタックサイズがディープスタックから始まり、ミドルスタック、ショートスタックと変化していくためスタックに応じたプレイが求められます。
また相手のプレイヤーをよく観察し、相手に合わせて適切なプレイをする必要があります。

 

 

ポーカーのタブをクリックし、パソコンにインストールするか、またはご使用のブラウザでプレイするために「今すぐプレイ」をクリックします。

 

 

188betライブカジノのポーカーには、ホールデム、オマハ等があります。オマハを選択すると、キャッシュゲーム、シットアンドゴー、トーナメントの中から好きなゲームを選べます。
188betのポーカーはプレイヤーレベルが他のポーカーサイトと比べてとても低いです。トーナメントは基本的な戦略を学び経験を積めば、長期的には勝つことができます。

 

 

3.3EURのトーナメントにエントリーするためには、Buy-in をクリックして、試合開始まで待ちます。

 

PLOのスターティングハンドのエクイティの差はノーリミットホールデムのそれと比べるとあまりありません。そのため中盤、終盤での際どい判断でのオールインのときでも生き残れるように序盤からNLHD と比べると積極的にチップを増やしていく必要があります。

 

AAハンド

PLOのAAハンドはNLHDのポケットAceと比べると、フロップ以降に逆点されることが頻繁に起こります。ディープスタックのときは、AA83レインボーのようなハンドは3ベットせずコールした方がいいケースが多いです。
しかしAAハンドでもダブルスーテッドやAAJQのようにハイカードでコネクトしているプレミアムハンドは3ベット、オールインするのが基本です。

 

PLOではほとんどのスターティングハンドは65対35以上のフェイバリットにはなりません。しかしAK**ハンドはAA**ハンドに弱く、AA**ハンドの方が70.3%有利です。
序盤は上手でないプレイヤーがまだたくさん残っているため、フィッシュからチップを獲得するチャンスです。

 

序盤

トーナメントの序盤はキャッシュゲームに近い感覚になります。しかし序盤はキャッシュゲームの場合よりややタイトにプレイするのがいいでしょう。

 

トーナメントでは優勝者に手厚い賞金が用意されているため、入賞を狙っていては長期的に大きく稼げません。またファイナルテーブルまで残ったとしても1位と6位では大きな賞金差があります。6人から5人へ何とか生き残る戦略よりも優勝を目指しアグレッシブにプレイします。

 

ブラインドスティールも控えめにして良いカードが来るのを待ちます。上手でないプレイヤーがルーズにプレイして人数が減るのを期待します。この段階で、ゲーム終了にならないようフロップ以降も細心の注意を払います。

 

 

レイトポジションやスモールブラインドからブラインドスティールをしてチップを増やしていきます。序盤ではSBからのスティールはBBの3倍ぐらいのベット額にします。

 

SB対BBのとき SB から2倍のベット額でスティールされたら、BB はポットオッズが良く、ポジションもあるので全てのハンドでディフェンスすべきでしょう。

 

中盤

ディープスタックなプレイヤーは少なく、ショートスタックかミドルスタックなプレイヤーがほとんどでしょう。ミドルスタックの場合は序盤よりもルーズにプレイします。スティールを増やし、ブラインドをできるだけ守ります。またフロップでのコンティニュエーションベットを序盤よりも増やします。

 

中盤でも機会を見つけてはチップを増やしていきます。トーナメントは何のカードが来るかの運の要素も大きいですが、正しい決断を続けていくしかありません。

 

 

ミニマムベットを繰り返すプレイヤーはベット額を状況に合わせて調節することがわかっていません。意味のないベットがほとんどですので、ルーズにコールします。

 

 

序盤よりアグレッシブにプレイし、機会があればダブルアップを狙います。
NLHDと違い、ポットリミットオマハでは、スターティングハンドのエクイティの差が小さいため、リースティールしてもほとんどがコールされます。
フロップ後の判断が重要になり、難しい状況を作らないためにも相手を選びルーズに参加しないようにします。

 

終盤

入賞が確定したら、ファイナルテーブルを目指します。トーナメントでは優勝者に手厚い賞金が配分されます。そのため生き残るためにタイトにプレイするのではなく、優勝を目指し、積極的にスティールや3Bet をしましょう。

 

終盤はポストフロップの余地が少なく、NLHDでは、12BB以下では、オールインをするのが一般的です。しかし、ポットリミットオマハではベット額がポットサイズに制限されているので、オールインすることが制限されます。

 

基本的にはフォールドエクイティを高めるため、スティールするときは、マックスベットで対応するのが良いです。
今までのプレイから相手の傾向に適したアグレッシブプレイをすることが大切です。

 

 

ブラインドスティール

レイトポジションでは積極的にブラインドスティールをしましょう。タイトなプレイヤーに対しては、どんな2枚のカードを持っていたとしてもスティールすることで利益がでます。
ブラインドがどのくらいの確率でフォールドするのかを考え、タイトだったらあまり良いカードではなくてもスティールをしましょう。
反対にブラインドにいる時は、なるべくブラインドを守りましょう。オッズが良い場合は、よほど屑ハンドではない限りコールすべきだと思います。

 

ヘッズアップ

 

2位と1位では賞金額に大きな差があります。相手のベッティングパターンをできるだけ早く見つけ、付け入ることが大切です。
中途半端なカードのときはポット額を小さく保ちできればショウダウンに持ちこむべきです。 
見事、トーナメントで優勝することができましたが、188betのトーナメントは参加人数があまり多くないので、優勝賞金があまり高くないです。しかし、プレイヤーのレベルが低いため、非常に利益を出しやすいトーナメントだと思います。

 

 

動画プレイ


【期間限定】初回入金ボーナスキャンペーン実施中!!

>>$20受け取る<<